メンズファッション 虎の巻とか

メンズのかっこいいファッションとか愉しいこと中心のブログです

女子ウケするモテ服とは 何?

女子ウケするモテ服は、さわやかさをアピールするのが基本です。
ジャケットなどは、その良い例ですね。
あとはシャツ。

 


シャンブレーシャツは、好感度の高いファッションアイテムです。
ジャケットは、羽織るだけでサマになるので、モテ服をマスターして、女子にモテたいならば、一着は持っておきたいところです。
「これから暑くなるし、ジャケットなんて着られないし」と思っている方、夏用ジャケットというのをご存知ですか? 

 

 


素材が工夫されていて、夏でも涼しく着れるようにデザインされています。
それも、五分袖のジャケットがおすすめです。
五分袖なら、暑苦しくないし、スマートです。 

クロップドパンツも今期、流行っています。

 

 


チェックのクロップドパンツはトレンドですね。
ぴったりとしたシルエットなので、履くだけでスタイリッシュになります。
丈の長いパンツばかりはいているのなら、思い切ってクロップドパンツを新調してみましょう。

 

 


持っているワードローブと合わせると、それだけで前と印象が違ってくるはずです。 

オシャレなシューズと言えば、デッキシューズです。
デッキシューズはいろいろなカラーのものが発売されています。
自分の好みに合ったデッキシューズをチョイスしましょう。

 

 


ジャケットを着たら、なんとなく革靴・・・と思ってしまいがちです。
でも、五分袖のジャケットなら、デッキシューズともよく合います。
かっちりしすぎない、きちんとスタイルを演出できます。
合コンに行けば、女子の目線が変わるはずです!

neoお兄系とは

neoお兄系とはとは、一言でいえば、お兄系ファッションのニューバージョンです。
neoには、「新しい」という意味があります。
だから、「新しいお兄系」と考えれば良いでしょう。

 

 


名前からすると、チャラい感じがしますが、まったくそんなことはないです。
とてもシックなファッションです。春コーデで言えば、デニムジャケットにインナーは無地のロンTやシャツ。

 

 


ボトムはチノパンといった具合です。とてもさわやかなスタイルですね! 
こうしたファッションのテイストが定番なのです。
大人な感じのカジュアルコーデですね。

 

 


こういう、落ち着いたファッションは、女子ウケするのでおすすめです。
派手さ、チャラさで女性を引きだすのではなく、落ち着いたシックな魅力で惹きつける。
こういうのがこのファッションの特徴です。 

 

 

ブランドとしては、「ゴスタール ジ フーガ」が好まれています。
「キャバリア」もファンが多いです。
渋谷ブランドと呼ばれているものですね。 

 

 

 

お兄系ファッション自体、ギャル男とホスト系の中間と言われています。
どっちも言ってみれば、チャラい部類です。
だから、その中間とはいっても、やっぱり同じカテゴリなので、チャラ系になってしまいます。

 


でも、neo化すれば、大人のカジュアルだから、チャラ路線から脱出できるというわけです。
デニムジャケットにしても、無地のロンTにしても、チノパンにしても、とてもなじみのあるアイテムばかり。
今すぐ始められるのが嬉しいですね。

広告を非表示にする

ガテン系男子とは?

ガテン系男子とは、ガテン系のお仕事に従事している、筋肉ムキムキの男性のことを言います。
こういう、男性ホルモン出まくりのルックスに、女子は弱かったりします。
女性はもともと脂肪が多く、筋肉が少なめ。

 

 


たとえ筋トレしても、男性のようにムキムキになるには、難しいのです。
だから、ガテン系男性とは、女性にとって、未知の世界、憧れの世界だったりするのです。
モテるのも、分かる気がします。 

 

 

 

ガテン系男子になりたい! と思うのなら、一番の近道は、ガテン系のお仕事に就くこと。
「佐川萌え」なんて言葉もありますが、運送業はその道にいくのに一番近いですね。

 

 


運送業で働く人々を見てみると、バイトはともかく、社員はみんな、いい体つきをしています。
メタボとも無縁という印象です。
ジムに通って体を鍛えるのは、なかなか続かないもの。

 


でも、仕事として、体力を使えば、自然と、抜け道なくマッチョへの道が開かれるのです。 

男のたくましい背中、肩幅に女性はクラっとくるものです。
広背筋、上腕二頭筋の盛り上がりなんて、たまらないです。

 

 


かつては「キツイ・汚い・危険」の3Kと言われてきたガテン系です。
女性たちも、「3Kの仕事をしている男性とは結婚したくない」なんて、言っていた時代がありました。

 

 


でも、ここにきて、女性のたちの見方も変わってきています。
草食系男子のあまりの頼りなさにうんざりしている女性たちは、ガテンなフェロモンに弱いということですね。

 

お兄系髪型ってのは

ヘアスタイルもファッションの一部です。
トップとボトムをお兄系でまとめても、ヘアスタイルが違っていたら、ちぐはぐになってしまいます。
文字通り、頭の先からつま先まで、きちんとキメてこそ、モテ系ファッションが完成します。

 


ちなみに、足元は革靴が基本です。 

 

 

じゃあ、お兄系髪型というのは、どういうのかというと、一口で言ってしまえば、長髪です。
もともと、ギャル男とホスト系の中間から、独自の進化をとげてきたファッションです。

 


ギャル男もそうですが、ホストと言ったら、まず長髪ですよね。
だから、ここはハズせないのです。 

ただ、長髪というのは、仕事によっては受け入れられなかったりします。
会社の方針とか、雰囲気とかですね。

 

 


モテるためにお兄系髪型がしたいのに、職場の同僚になにか言われたら困る・・・というジレンマを抱える男性は多いです。 

 

 

そんなときには、ウィッグを使うのもひとつの方法です。
ウィッグは、女性の間ではスタンダードなアイテムで、気分によって複数のウィッグを使い分ける人も多いです。

 


男性用のもちゃんとあって、これを使うと、カンタンにお兄系髪型を完成させられます。
仕事のときは、サラリーマン風のちゃんとした(?)ヘアスタイルをしておいて、オフのときにサッとつけると良いですね。 

 

 

フルウィッグなら、手間暇かからずお手軽です。
襟足ウィッグというものもあります。パチンと留めて、すぐにロン髪にできます。

 


こっちのほうがフルウィッグよりも安いです。

中学生のモテ服

中学生と言えば、オシャレに目覚める年頃です。
それで、ファッション誌などを読んで、コーディネートを研究したりします。
ファッションのトレンドはたいてい知っていたりします。
勉強に部活に、なにかと忙しい年頃ですが、そんなときでも、ファッションには手を抜けなかったりします。

 

 


なぜなら、好きな女の子ができるから。
気になっている女の子の気を引きたい、そう思ってファッションを研究するわけです。
まさしく恋の力です。 

 

 

小学生の頃は、男女で遊んでも、「性別関係なく、仲良く遊んでいる」という感じですが、中学生になると、まったく雰囲気が変わります。
「ダブルデート」とか、そういう印象になるのです。
ブルデートに行くのに、ダサイ格好はしていられません。

 

 


ファッションチェックにも気合が入ります。
でも、中学生はバイトができないので、自由に使えるお金がありません。
基本的には、親からもらうお小遣いで、自分の服を買わなくてはいけません。
雑誌に紹介されている服は、たいていブランドものです。
つまり、高いです。

 

 

 


「いいな」と思う服があっても、自分で買うことができない。
そんなジレンマと戦うことになります。
だから、この年代のワードローブの増やし方としては、雑誌でトレンドをチェック。
そして、似た系統の服を、ネットで安く探す。

 

 


こういう流れが一番、安全確実です。通販で探せば、カッコいい服が、安く売られています。
こうしたものを、どんどん活用しましょう。
自分だけのお気に入りショップを見つけられれば、友達にナイショで、コーディネートに差をつけられます。

 

広告を非表示にする

メンズエッグ風 髪型に憧れるの?

メンズエッグの髪型に憧れる男子は多いです。
メンズエッグとは、男性向けストリートファッション雑誌です。
主なターゲットはギャル男。
渋谷あたりに徘徊している、ワルい感じの男子のことですね。
ワイルド系というか。

 


最近では、ギャル男は減ってきています。
代わりに、お兄系の男子がふえてきています。
だから、雑誌でもギャル男だけではなく、お兄系のファッションもよく取り上げられるようになりました。 

 

 

 

で、どういう髪型なのかというと、ずばり「ウルフ」です。
ウルフカットってありますよね? ヤンキーの子供って、ウルフカットになってることが多いです。
というか、ほぼ100%、ウルフカットです。 

 

 

ウルフって、どういうのかっていうと、前から見るのと、後から見るのとで、髪の長さが違って見えるヘアスタイルです。
前から見ると、ショート。

 


でも、後から見ると、後ろ髪だけ、一筋長くのびている。こ
ういうヘアスタイルです。ウルフカットにしたら、そのままの地毛ではいけません。
金髪か、明るい茶髪にしましょう。 

 

 

 

なお、雑誌に出てくるウルフカットは、スタンダードなのとちょっと違います。
子供がしているようなのは、前髪はまっすぐですよね。
短くて。
でも、雑誌に出てくるのは、前髪眺めです。
なぜかというと、立てやすくするため。

 

 


長めにつくっておいて、ワックスやハードジェルで立たせます。
ハードジェルを使って固めておくと、長くてもちゃんと、ピンと立ったシルエットをキープできます。 

 

男 モテ服について素直に考察

男のモテ服を研究したいと思っている人は多いはず。
いろいろ雑誌を見て研究するけれど、なんか違う・・・。
合コンに行っても、いまいちモテない・・・。
そんな場合は、キメ過ぎている可能性があります。

 

 


ファッション雑誌を見ると、ファッショナブルで洗練された着こなしがたくさん、紹介されています。
そういうファッション雑誌には、そのファッションがどこのブランドで、いくらで売られているのかが記載されています。

 

 


だから、好みのファッションを見つけたら、そのブランドのショップに行って、その服を購入すれば、そのまんまのファッションが完成するわけです。
お店に行くと、お目当ての品は売り切れのこともあります(特にその雑誌が発売された直後は)。

 

 


だからブランドの公式HPから、通販で買うほうが早いかもしれませんね。
商品を入手したら、あとはそれを着るだけ。
有名ブランドで、スタイリストが考えた、トレンドのファッションが完成します。

 

 


でも、こうしたファッションに限って、モテ服にならなかったりします。
それは、男のモテ服が、キメキメを要求されないからです。 

女が男に求めるファッションは、トレンド感たっぷりのコーディネートよりも、シンプルでさわやかな服装だったりします。
シャツにチノパンというのは、女性に好印象を与えるファッションとしては王道です。

 

 


こういうのって、すごく自然ですよね。そして清潔。清潔=一緒にいたい、ということです。
だからアプローチが増える、というわけですね。